大学・大学院留学に迷っている人が読むべき一冊の本

U29 Loungeでは、今まで読んだ本についてみんなの前でプレゼンをするという会員さん限定のイベント「読書勉強会」を定期的に開催しています。

本を読むことは知識を得る手段として大変重要ですが、インプットだけでは不十分です。インプットした内容を自分なりに咀嚼してアウトプットすることで初めて自分のものにすることができます。

また、MBAに限らず、海外のビジネス系の大学・大学院ではプレゼンをする機会も多く持つことになりますので、このように他人に発表する機会を持つことは大切ですよね。

海外の大学でビジネス学位の取得を目指している方におススメする本があります。それは、、、、

それは、ロンドンビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏ら著書のLIFE SHIFT(ライフ・シフト)(東洋経済新報社出版、2016年)。

大ヒットしている書籍なので既に読まれている方も多くいらっしゃると思いますが、まだ読んでいない方、そして内容を忘れてしまった方は、是非手に取ってみて下さい。

著者のリンダ・グラットンさんは、安倍政権が掲げる「人生100年時代構想会議」の有識者議員としても起用されています。

ちょっと厳しいことを言うと、大学・大学院留学、MBA留学に迷っている人は、これを読んでも留学に悩むようならもう辞めた方がいい、と思いますよ。

自分が本当に留学したいのか、そうでないのか判断する意味でも読んでおきたい本です。